いつまでも若い頃の気持を忘れないことは大事だと思いますが、歳相応の身なりや振る舞いがあると思います。
それを無視していつまでも変われない方を見かけると、違和感を覚えることがあります。
若く見られたいあまりに、傍からは無理しているように見えてしまうのは、自分では気付けないものです。
では、どうしたら歳相応に見られるのでしょう。

【ファッション】
20代のファッションは40代では不自然ですので、今の自分に何が似合うかを見極めましょう。
大事なのは、おしゃれに無頓着にならないことです。
どの年齢でも、おしゃれに気を遣う人は素敵です。
何年も服装が変わらない、そんなことのないようにしたいですね。

露出のしすぎには注意が必要です。
デコルテ、腕、足、見せる部分は自信のある一箇所だけにします。
ノースリーブにミニスカートでは、落ち着いた印象にはなりません。
その年代に合ったデザインやシルエットがありますので、自分の年代向け雑誌を参考に勉強しましょう。

【髪型やメイク】
人の印象を決める大切な要素が髪型やメイクです。
明るい色に髪を染めると若返った気分になりますが、あまりにも明るい色は年齢を重ねた人には不向きです。
落ち着いた大人の印象にしたいなら、自分の肌になじむ色を選びましょう。

次にメイクですが、若く見せようとして、厚塗りになったり、まつげを増やしすぎたりするのは逆効果です。
派手なメイクで若作りは、傍から見ていて痛いです。
自分の魅力を引き出すような、ナチュラルメイクを心がけてください。

【しぐさや話し方】
しぐさや話し方、立ち振る舞いも年齢を判断される基準です。
女性の美しい振る舞いは、曲線を描くような優雅な動きにありますので、ゆっくりと落ち着いて行動してみましょう。
大口で笑う、大声で話す、若者言葉の多様、下品な話題、これらも印象を左右するマイナスポイントになってきます。

【お手本を見つけよう】
同年代で素敵に歳を重ねているお手本となる方を見習ってみるのもよいでしょう。
きっと歳相応の魅力が身についてくるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です