占いが好きで、結婚前はお金を払って占ってもらうこともあったのですが、子供にもお金がかかる最近はもっぱら無料占いでした。あるとき、「昔やっていてやめてしまったことを再開するとラッキーが…」という占いメッセージをみて、若い頃買ってやってみたけど、やめてしまったタロット占いのことを思い出しました。
美大に行っていた友達の友達のタロット占いがよく当たる、と聞いて、私の友達を連れて行って占ってもらったことがありました。私のことはあんまりピンとこなかったのですが、友達は行きつけの美容院の、スタイリストさんととても話があって気になっている、という相談をしました。どんなカードが出たかは忘れてしまいましたが、あまりいい返事ではなかったのでした。すごい当たる!とそのとき感じたわけではなかったですが、なんだかタロット占いの神秘的な絵柄と、その友達の友達の霊感的な話口調に魅入られて、私もすぐにタロットカードを買ってやってみました。しかし、リーディングがうまくできなくて、つまらなく、そのまま本棚に眠っていて、数年後の引越しの時に捨ててしまいました。
そんな思い出か蘇り、またタロットやろうかやぁ…と何の気なしに、鏡リュウジさんのタロットの本を買って読んでみたところ、その深さに取り憑かれ、またカードを買ってしまいました。毎晩寝る前に、明日の運勢を占うのが日課になりました。
そうそう、友達の友達に占ってもらった友達からあとから聞いたところ、話が合って気になっていたスタイリストさんはすごい借金があったことがわかったそうで、アタックしなくてよかったとのこと、当たっていたのですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です